デイトレード株投資の必勝ツールの初心者へのおすすめ

デイトレを始めたい

デイトレを始めるのですが、会社員で平日仕事の人に質問致します。

トレードは基本的に平日の勤務時間内に行われていると思うのですが

  • 平日仕事が有る方はいつデイトレを行っているのでしょうか?
  • 外国だと夜でも大丈夫なのでしょうか?
  • 昼休みはデイトレができるのでしょうか?

デイトレをやりたい理由は、パターンを研究すれば勝てる可能性が大きいと考えたからです

しかし、サラリーマンはずっとPCの前にいることが出来ないため、デイトレのタイミングが難しいと考えています。 やはり、サラリーマンにデイトレは難しいのでしょうか?

デイトレは定年退職の人や、主婦で自由な時間がある人、自営業で時間がある人が多いです。

サラリーマンはサラリーをしっかりと稼ぐように仕事に精を出すのが良いのではと思います。 デイトレは儲けもあれば、損もあります。 仕事にも集中出来ず、デイトレも中途半端であれば虻蜂取らずになってしまいます。

やめたほうがいいでしょう。

サラリーマンならスィングか中長期をするべきでしょう。

デイトレは、パターンを研究すれば勝てる可能性が大きいと考えたとしたら極めて甘い考えです。 それで勝てるならみんな仕事をやめてトレードしてますよ。 現実は甘くありません。

ディトレのプログも見てますが やられるときはみんなやられてます。 パターンをよく知っているはずの人でそんな結果です。 トータルではそれなりの実績を上げている人もいますがそれは極一握りでしょう。 スィングとかと変わらない率と思います。

基本的に、外出中に行います

携帯を使えば、可能なのでそれを基にします。 デイトレとは、日ばかり商いと同じ意味です。 ですから、1両日中に決済をしてしまえばいいんです。 昼休みは11:00-12:30は市場が休みなのでその時間帯をずらしてトレードしてください。

それでもデイトレをやってみたい人には、この商材がお勧めです!!

デイトレードでお金が無くなる苦痛から解放されるソフト!

今すぐデイトレードで儲けたい・稼ぎたい・負けたお金を取り返したいあなた!誰にも相談できず思い悩むあなた!あなたと同じ悩み苦しみを体験した事のある私が、すべて解決します。「反転くん」

他の情報商材と値段だけを比較すると、 少し高い金額かもしれませんが、

内容をよく、比べてみて下さい。

見学してから購入可能・個別指導・電話相談、、、 そして、勝てるまでサポートなど、

ここまで、この値段の中に入っているんですよ!

ここまでサービスしてくれるサイトが他にあるでしょうか? 他と比較して、よく考えてみて下さい。

<
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
北村 慶

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

価格:¥ 1,365
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 1171位
定価 : ¥ 1,365
販売元 : PHP研究所
発売日 : 2006-04

よい本です。

投資をする上での理論を非常にわかりやすく書いている本です。
投資はなぜ長期がよいのか、リスクとは何か、リスクを小さくするためにどうすればいいのか、ということが学べます。
現在のファイナンス理論の基礎的な部分から説明しているので、
金融リテラシーを高めたい人にはおススメです。

投資(インベストメント)と投機(トレーディング)の違いとは?

著者は、投機(トレーディング)とは2つのコストの上で成り立っているとまず述べられています。
1つは税金や手数料等のお金のコスト、もう1つはリターンを高めるために市場をチェックする等の時間のコストです。
そして、時間のコストを支払うことはクオリティオブライフ(生活の質)を低下させる可能性があります。
トレーディングのことが始終気になっている生活と、家族の団欒や趣味に宛てる時間のどちらが自分にとって大切なのでしょうか?
自分自身、これまで株式「投機」をしても感情のコントロールが出来ずに損をしたことが何度かあり、この本を読んで「投資」の考え方の大切さに気付きました。
内藤忍さんの「資産設計?」、木村剛さんの「投資戦略?」も併読しています。
現在は年金の不足分と結婚、子育てに必要な資金を投資するための計画を立て、運用を始めました。

内藤忍さんが薦める価値ある一冊!

マネックス証券の内藤忍さんが自身のブログで薦めており、購入してみた。
彼曰く、一読の価値があるとのことであったが、投資本の中でも少し変わった視点をもった本であると思う。
というのも、冒頭は「ジニ係数」を用いて、現在の日本が格差社会になりつつあることを説いている。
見慣れない言葉が使われていたので、逆に読み進めるスピードが上がったように感じた。
その後はなぜ資産運用を行わなければならないのかを時代に則した「年金ギャップ」を軸に展開する。
そこでも、資産運用のお手本として、機関投資家という言葉を用いず、「年金資金運用基金」という言葉を多用している。
個人的には機関投資家よりも、わかりやすい印象を受けた。

資産運用をこれから始めよう、もしくは始めたばかりという人がデイトレにのめり込む前に是非、手にとってもらいたい本である。

真っ当な資産運用入門書

本書では、主として公的年金に不安がある
(とされる)現在20-30代の読者を対象に、

いま何故資産運用が必要か(しないと老後にどうなると予想されるか)
資産運用のための基本的知識(「資産配分」「リスク管理」の重要性)
そのための具体的な方法論

について丁寧に説明している。我が国の年金運用基金の
方法論などを例示しつつ、個人投資家はこの部分を
真似ればよいと具体的にアドバイスしており好感が持てる。

また、老後資金のような長期間の資産運用を行う上で
最も大切なことは「勝つ」ことよりも「負けない」ことであり、
そのためのアイディアもいくつか提示されている。例えば

「個別銘柄への投機」ではなく「資産クラスへの投資」をする
持ち家にはプレミアムがついている(割高)ので住宅ローンは慎重に
資産のリバランスは年一回程度で十分

といったものである。どれも真っ当な考え方だと思う。
これから投資を始めてみたい、という方には、ぜひ
「株で@億円儲けた」「相場で勝つ!」「儲かる為替」
といったいい加減な本ではなく、本書のようなよい本を
ひもといてほしいものである。

一方、気になった点を二つあげておく。

1)海外資産への投資を勧めているが、個人投資家が
割安、長期かつ安定的にアクセスできる金融商品は
現状ではほとんどない。何に投資すればいいのか?
2)ちょっとアオリ文句が多いかな? 冒頭の「格差社会」
論の部分など、専門家が見れば分析が足りないと言いそう。

他の本で資産運用の基本について勉強された方には本書は特に
目新しい内容ではないかもしれない。しかし全体として非常に充実した
真っ当な資産運用本なので、投資入門者には特にお勧めできる内容だ。

地道にコツコツ

 最近、漠然と資産運用を考えないとなぁ、と思っていました。でも、株式投資は運用が大変そうだし、情報収集・分析なんてしている暇はない。じゃあ、その辺はプロに任せてしまえ、と投資信託に手を出し始めてみました。しかし、投資信託について情報を集めだしてみると、諸説があり何が妥当なのかが分からない。そんな時、この本のことを知り買ってみることにしました。

 はじめに、いまなぜ投資を行わなければならないのかが日本における格差を引き合いに出して語られます。このままでは老後の資金が足りない!じゃあ、流行のデイトレードを薦めるのかな、と思えばそうではありません。巷間では数十億儲けられるなんて本があふれているけれど、ではなぜその著者が儲けを独り占めにしないのか、と切り捨てます。
 そして、かなりの日本人が誤解したままであろう、国の年金運用の実態に話は移ります。かつて6兆円もの損失を出した年金運用は、ここ2年で11兆円もの利益を上げたいる、と。その秘密は資産の分散と定期的な投資、そして、それを維持し続けることだと。
 投資にはどうしても華やかなイメージが付きまといます。地味にコツコツやるのが成功の元なんて思えません。でも、「どんなに儲けた人がいても同じく損をした人もいるのだから市場全体は平均的に動く」というような言葉にハッとさせられました。確かに。

 素人目ながら、基本から分かりやすく、正直に説明してある本だと思います。投資のことはよくわからない、という方にはおすすめできます。でも、情報源にも分散は必要でしょうから、盲信もよくないとは思いますが。

売れ筋商品
このページの情報は
2006年7月26日21時57分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『デイトレード投資の必勝法』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
|サイトトップ |デイトレ |株式投資 |デイトレ 情報商材 |デイトレ ソフトウェア |デイトレ その他 |
Copyright 2005 デイトレード投資の必勝法 All rights reserved.

外国為替証拠取引